【実録】体温を上げるメリットと体温を上げる方法

 

こんにちは、クジです。

 

  • 冷え性で冬がつらい
  • 生理が重い
  • ダイエットがうまくいかない

 

そんなお悩みありませんか?

もしかしたら、低体温が原因かもしれません。

 

最近は新型コロナウイルスの影響で、体温をはかることも増えたと思います。

そこで、自分は低体温かもしれない、と気づいた人もいるのではないでしょうか。

 

今回は「体温を上げるメリット」と「体温を上げる方法」について、私の経験とあわせて紹介したいと思います♪

 

低体温とは

寒い

 

一般的に、平熱が35度台の人は「低体温」といわれています。

健康的な人の平熱は、36.5 ~37.1度ほど。

 

低体温になると、血流が悪くなることで免疫力が低下。

そしてウイルスや細菌に負け、病気になりやすくなってしまいます。

 

低体温になる原因は人によって異なります。

大半は、ストレス、寝不足、乱れた食生活などです。

 

体温を上げるメリット

体温アップ

 

体温を上げるといったいどんなメリットがあるのでしょうか?

代表的なものを3つ紹介したいと思います。

 

1.血の流れがよくなる

人は、体温が上がると、血の流れがよくなります。

血の流れがよくなることで、冷え、肩こり、むくみなどが解消します。

これは、必要な栄養をしっかり体に巡らせて、いらない成分をしっかり排出できるようになるからです。

 

また、生理不順や生理痛がひどい方。

そんな方も体温を上げて血の流れをよくすることで、症状が和らぐことがあります。

ホルモンバランスも整いやすくなるので、妊娠を考えている場合にもメリットになることでしょう。

 

2.免疫力がアップする

フルーツ

 

人の体は本来、36.5度以上の体温で正常に働くようにできています。

体温が低いと、体のいろんな働きがにぶくなります。

また、がん細胞は35度台が一番繁殖する性質があるといった研究結果が出ています。

 

「体温が低いと免疫力が低くなる」といった話を聞いたことはありませんか?

 

逆に、体温が1度上がると、免疫力は5倍から6倍にアップすると言われています。

つまり、体温の低い人に比べて、体温が高い人は風邪をひきにくくなるというわけです。

 

3.腸内環境が良くなる

お腹

 

体温が上がると腸の動きがよくなります。

体内の免疫細胞の60~70%が集まっています。

体温を上げて腸内環境が整うことで免疫力アップにもつながります。

 

そして免疫細胞が正常に働くとエネルギーの代謝も活発に。

エネルギーの代謝が活発になると、痩せやすく、太りにくい体になります。

 

体温が1度上がると、エネルギーの代謝は13~15%もアップするので、

ちょっとした運動でもしっかりエネルギーを消費することができるのです。

 

ダイエットを成功させたい方は、体温を上げて腸内環境を整えることが近道です!

 

【実録】体温を上げる方法5選

あたたまる

 

ここからは「体温を上げる方法」を5つ紹介したいと思います。

 

ちなみに、私の場合、一番体温が低かった時の平熱は、35.4度。

最近では、36.1~36.4度くらいを行き来しています。

 

始めたのは2020年の10月から、およそ4カ月くらいです。

体温を上げようと思ったきっかけは、会社の健康診断でした。

はずかしながら、血液検査でヘモグロビン数値が低くて引っかかってしまったのです。

急激に下がったわけではないので、自覚もなく、倒れたりすることはなかったのですが、階段を上るだけで息切れするレベル。

 

ただ、病院に行っても鉄剤の処方だけ。

根本的な原因をどうにかしないと、体調は良くならないとのことでした。

 

飲んだ鉄剤の効果を高めるにはどうすればいいか。

そこで試したのが、体温を上げることでした。

 

1.運動する

運動

 

体温の低下の大きな原因は、運動不足で筋肉の量が減ってしまうこと。

 

筋肉は年齢と共に少なくなっていきます。

1日中動かない生活をしていると毎日0.5%もの筋肉が失われます。

 

筋肉量を減らさないためには?

毎日30分程度の運動を続ける必要があるそうです。

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることができれば上出来です♪

 

しかし、運動は苦手です…。

フルタイムで仕事をしていると、休みの日に運動をしようという気にもならない。

 

なので、簡単なストレッチから始めました。

お風呂上りに柔軟をする。

寝る前に布団でできるストレッチをする。

 

そして、最近よく行っているのが、駅まで歩くこと。

駅まで歩くと15分ほどかかるので、いつも自転車を使っていますが、週に何日かは歩くようにしています。

 

ただ歩くのではなく、少し大股で、早歩きすることを意識しています。

マスクを着けているので、息苦しさはありますが、駅に着くまでに体が温まります♪

 

2.湯船に入る

お風呂

 

「湯船につかるのはめんどくさい」と考える人は多いかもしれませんね。私もその一人です。

疲れていると、ついついシャワーで済ませてしまいがち。

 

しかし10分だけでも湯船に浸かれば、一時的に体温が1度上がります。

毎日続けると、平熱を上げることができるでしょう。

 

わかってはいても、毎日はさすがに難しい。

水道代やガス代も安くはないので、特に寒い日だけ湯船につかるようにしています。

体温はもちろん、ゆっくり湯船につかった日は、ぐっすり眠れる気がします。

 

3.防寒グッズをつかう

寒い

 

おしゃれのために無理をして、寒い服装ですごしていませんか?

せっかく可愛い服を着ていても、寒さで顔が歪んでいてはもったいないですよ。

 

カイロを用意する、防寒をしっかりする、夜は湯たんぽを用意するなど、日常的に体を温めましょう。

女性はもちろん、男性もズボンの下にはける肌着を身につけるなど、工夫してみてはいかがでしょうか。

 

私は寒がりなので、大げさなくらい防寒を意識しています。

マフラー・手袋は必須。

ヒートテックや裏起毛のタイツも着用しています。

 

会社は、暖房はしっかりついているのですが、新型コロナウイルスの対策で窓が開いているので、コートを脱いでちょうどいいくらいです。

場所によっては、暑く感じるところもあると思うので、脱いだり着たりが簡単にできる服を用意しておくといいと思います。

 

また、冬だけでなく、夏も注意が必要です。

夏はクーラーの効いている施設が多いので、何か羽織れるものを用意して、体を冷やさないようにしましょう。

 

4.あたたまる食べ物をたべる

カップ

 

食べ物の中には、体を温める働きのあるものがあります。

 

冬場に旬を迎える野菜は、体を温める働きがのある成分を多く含んでいます。

逆に、夏野菜には体を冷やす働きのある成分が多く含まれています。

 

気づくと夏野菜ばかり食べていると言うことはありませんか?

以前の私は冷たいお酒のあてに、カットした冷やしトマトやキュウリの浅漬けをよく食べていました。

夏場でも体温は低く、当時は不思議に思っていました。

無知って恐ろしいですね。

食材を選ぶ際は、体を温める働きのあるものを積極的に選びましょう。

 

いくつかリストアップしておきますので、参考にしてみてください。

夏野菜 冬野菜
  • とまと
  • なす
  • きゅうり
  • おくら
  • きゃべつ
  • さやいんげん
  • 枝豆
  • パプリカ
  • ピーマン
  • ゴーヤ など
  • だいこん
  • にんじん
  • さつまいも
  • ねぎ
  • 白菜
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • 春菊
  • レンコン
  • ゴボウ など

 

5.あたたまる飲み物をのむ

カップ

 

疲れた後の冷えたビールや炭酸飲料。

冷たい飲み物は、とっても美味しいですよね。

しかし飲み過ぎは、体を冷やしてしまう原因になります。

 

また、暖かい飲み物でも、緑茶、コーヒーなど、利尿作用のある飲み物は体を冷やしてしまいます。

 

そしてお風呂上りに、水分を取るのは大切ですが、キンキンに冷えたお水を一気飲みすると、せっかく温まった体を急激に冷やしてしまいますので気をつけましょう。

 

温まるには次の飲み物がおススメです。

しょうがゆ しょうが湯にはショウガオールという成分が含まれていて、体の中から熱を作り出す働きをしてくれます
ココア ココアに含まれるポリフェノールは血の巡りをよくする働きがあり、体を温めてくれます
紅茶 紅茶にはテアフラビンという成分が含まれていて、血流を良くして体の末端まで体を温めてくれる働きがあります

 

最後に

あたたまる

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「体温を上げるメリット」と「体温を上げる方法」を簡単に紹介しました。

あなたがすぐにできそうなことはありましたか?

 

私は低体温で冬がとても苦手でした。

私の場合は鉄分不足もあったので、サプリメントも使いながら、体温を上げようとしています。

あまり汗をかかなかったのですが、代謝が良くなってきたのか、運動をするとじんわりと汗が出るようになりました。

まずやってみないと何も変わらないので、あなたのできることから試して欲しいと思います!

 

ぜひ、体温を上げて、健康的な体を手に入れてください♪

あなたが健康に過ごせることを祈っています。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお越しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました