HSPとは?繊細さんの特徴を簡単に紹介 私はHSPです

繊細さん

 

HSP(繊細さん)を知っていますか?

  • 職場で機嫌の悪い人がいると気になる
  • 人と長時間一緒にいると疲れてしまう
  • 小さなミスに気付いて仕事に時間がかかる

あなたはこんな感情はありませんか?

 

じつは私もHSPの1人です。

繊細さんの本を読んで自分が繊細さんだということに気づきました。

 

今回は「HSP(繊細さん)」について、かんたんに紹介します。

 

HSP(繊細さん)とは?

ひとごみ

 

HSPとは「Highly Sensitive Person」

頭文字をとって、HSP(エイチ・エス・ピー)と呼ばれています。

「とても敏感な人」「敏感すぎる人」と訳されることが多いです。

 

HSPは病気ではなく、生まれ持った気質です。

また、環境や性格などのように生まれてから備わるのではありません。

 

心理学者のエレイン・アーロン博士は調査を行い、「生まれつき繊細な人」が5人に1人の割合で存在することがわかっています。

 

5人に1人、全人口の15~20%。

おおよそ、血液型がB型の人の割合と同じくらいいるのです。

そう考えると、ちょっと安心しませんか?

 

 

4つの特徴にあてはまるか

覗く

 

HSPには、4つの特徴があります。

 

あなたが次の4項目に当てはまるか考えてみてください。

  • 考え方が複雑で、深く考えてから行動する
  • 刺激に敏感で疲れやすい
  • 人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい
  • あらゆる感覚が鋭い

 

4つ、全部にあてはまるとHSPだと考えられます。

また、より詳細なチェックをしてみたい方は、アーロン博士のHP内「HSPチェックテスト診断」で調べてみてくださいね♪

 

繊細さんじゃない人に怒られた話

 

「たったこれだけの事いつまでやってるの」

「そんなに細かくやってたら終わらないよ」

「もっと早くやってくれないかな」

 

これは以前、私が上司に言われた言葉です。

 

別に完ぺきにやろうとしているわけではありません。

ただ、さまざまなリスクを考えすぎてしまいます。

 

「もし○○だったらどうしよう」

「ミスにつながるかもしれない…」

 

大抵はただの心配で終わります。

でも実際に考え通りに起こったこともありました。

だから怖くて手が抜けない、というのが私の本心でした。

 

しかし、会社が求めるのはリスクよりもスピード。

スピード重視の仕事は私に向かないと気づき転職を決めました。

 

もし今の環境で、繊細であることが負担となるなら、環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。

 

最後に

 

「気にしすぎといわれてしまった」

「気にする私がおかしいのかな」

「どうしてこんなに生きづらいんだろう」

 

昔から、何年も前から、こんな悩みを持ち続けている人。

それはあなただけではありません。

 

私は繊細さんの本を読んで、自分だけではないことを知り、かなり安心しました。

そして、以前辞めた職場は自分にはあっていなかったんだな、と気づくこともできました。

 

せっかくもって生まれた良い才能を隠しておくのはもったいない、と私は思います。

どうか、あなたらしい生活が送れますように。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお越しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました